11.30
Fri
以前少し「老前整理」について書いたことがあります。
老いに備えて、「気力・体力・判断力」があるうちに、不要なものを捨てて、
生活空間を使いやすく、暮らしやすくするということ。

年齢が重ねるにつれて、モノも増えて、またそれを捨てるという作業が
億劫になるものだと思います。
生前整理や遺品整理は、残された家族のためとなるのでしょうが、
老前整理は「自分のために」ということなのでしょう。
何十年も持ち続けた大量に残ったものを、遺品整理する家族にも
負担がかかることはいうまでもありません。

P1040138.jpg
ブーゲンビリア

+++++

老前と書くといかにも老いる前から・・って感じがしなくもないですが、
私はそうは思っていません。部屋を片付けたいと思っても
片付かない・・片付かない理由は、モノが多すぎる、部屋が狭い、
収納がない、モノを仕舞う場所が決まっていないから、
ついそこらへんに置いたままであったりと色々。

たくさんのモノがあっても、そのモノが必要で使うものなら問題ない。
雑多に見えても、使う人がスムーズに使えているなら、
片付いているといえるのかもしれない。
でも、不要なものがたくさんあればやはり「捨てる作業」は必要。
そこに「もったいない」から「使えるから」で躊躇せず。
「もったいない、まだ使える」と思う前に、増えすぎて
押入れや箪笥の奥に眠っていた理由を問うてみる。
もったいない、そう思うなら使う。でも、ただもったいないからという
理由だけで、嫌々使うなら使わない方が。

捨てないで残すと決めたからには、愛着持って最後まで使う。

モノを処分するということは、手に入れる時より、
パワーも労力もかかると思います。
モノへの執着心もだんだんと年を重ねると強くなったり、
ためこんでしまいがち。
老前と言わず、年齢に関係なく、
今の暮らしを快適に過ごすための「整理」そう思って。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 16 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/1054-66e6fabe
トラックバック
コメント
物を手に入れるときは何も億劫じゃないのにね~
るんるんでやのに!!
捨てるのは億劫だよね~(汗)
特に整理が・・・苦手だと・・・・。

だんだん執着が多くなってくる。
そうかもしれない。
すっきりを今から心がけないとね!

sukemarumon | 2012.11.30 17:08 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.11.30 19:27 | 編集
私も自分が旅立った後に子供に負担をかけないようにと思います。まだ早いかもだけど、こればっかりはわかりません。
私の独身の頃の写真と卒業アルバムは全捨てしました(暗い消去したし過去があるわけではないですよ)。私なりの子供への愛情です^^;大胆かな^^でも、結婚してからの写真はいっぱいありますよ。ありすぎなんで、少し減らすつもりですが^^
老前整理は、「気力・体力・判断力」があってこそできるんだと私も思います。
martha | 2012.11.30 20:33 | 編集
そうだね~
物に想い出がひっついちゃうこともあるからね。
レターセットは処分できても、お手紙は捨てられない・・・
そんな感じのものも多いです。

我が家はまだまだ物が多いけど

11月にひたすら選別作業しいていて

ようやくちかごろ

これが我が家のカッチリ時のような気がしてきたので
ホッとしてます。
→でもでも、まだまだ物があふれてはいるんだよ~~ん

ココちゃんはしっかり生活と向き合っているから、整理も簡単そう~
うらやましい~~
おきょうさん | 2012.11.30 21:40 | 編集
そそ、モノを手に入れる時はルンルン、
でも捨てるときにはすごーく億劫になるね。
sukemarumonちゃん、お引越しがいい機会だったかもね^^

思い出が多くなると捨て難くなるし、
増えすぎず・・気をつけたいもの(*^^*)


ココリン | 2012.11.30 21:41 | 編集
ただ多い、少ないだけではないとは思うけれど、
だんだん年を重ねると、使うものも少なくなってくるしね。
使えるものだけを残すということは、
必要になってくるなーと思います。
いつかそれを片付ける時が来て大変な思いをするのは、
子供であったりするからね^^;
って、鍵コメさんのところだけでなく、うちの親もそうです。
大事に使って気持ちを残し過ぎず・・が丁度良いのかも。
ココリン | 2012.11.30 21:56 | 編集
marthaさんもそう思われますか。
写真、とくに人物が写っているもの、
後から思い出として偲ぶのもありでしょうが、
たくさんあると処分しにくいもの。
私は叔父が亡くなった時、後に残ったモノの多さで、
従兄弟の大変さを痛感しました。
marthaさんの潔さ、あっぱれと言いたいです!
お子さんたちへの愛情そのものだと思います(^^)
ココリン | 2012.11.30 22:06 | 編集
うまい!レターセットは処分できても、
お手紙は捨てられない! モノに思い出がついてしまいますね。
そういうのもどこかで線引しなきゃならなくなりますが、
自分で処分できるうちに・・ってことで。

減らしていっても魅力あふれるモノは
たけのこのように次から次へとでてくるから(笑)
そう簡単にはいきませぬ^^; まだ時間があるうちにゆるりと・・と
思っています(*^^*) 暮らしを楽しむことを忘れてはいけませんしね~。
ココリン | 2012.11.30 22:12 | 編集
確かにすぐモノが散らかるのは、自分が取り扱えるキャパを超えた量を持ってるのかもしれないですね。
私もちまちまとモノを増やしてしまったので、また少し見直さなくては・・・

昨日の薬の話、あ、このケースは?と思って過去記事を見たらやっぱりでした。私も薬箱候補に一度考えたことがあるので。残念ながらいろいろな薬があってサイズの面で諦めましたが、パッキンとかついてて実用面でも優れてるんですね。
ぎゅうすけ69 | 2012.11.30 22:15 | 編集
キャパを超えると管理ができにくいのは、
間違いないような気がします^^;
常に新しいものに目がいくのも当然、そういう気持ちも大事だと
思います^^ でも陽の目にあたらなくなったものは、
手放してまた新たな出会いをお迎えする準備だと思うのもひとつだと思っています♪

薬箱はずいぶん悩みました。湿気をシャットアウトでき、
サイズ的にはうちは十分だったのでこれにしました。
ぎゅうすけさんも一度考えられたことがあるなんてびっくり。
こういう入れ物って、自分のところで合うか合わないか、
選ぶ基準になりますよね。デザインで決めても機能しなきゃ意味ないし・・。
なんて、でも見ためにひかれるときもありますが(笑)
ココリン | 2012.11.30 23:39 | 編集
そうですね(><)
モノを手に入れるより処分するほうが、労力費やしますよね。
あとになって必要になったらどうしようとか、こんな想い出が
あったのに処分しちゃっていいんだろうかとか…考えるだけで
疲れてきちゃう(苦笑)

老前整理。
私たち夫婦は「老前整理箱」をひとつずつ持っています(笑)
始末よく、この世を去りたいと思っているのですが、
はたして自分の荷物がこの箱1つに収まるのか…疑問です^^;
ORIERIO | 2012.12.01 01:11 | 編集
毎度同じコメントになってしまい申し訳ないのですが、
この記事をそのまま義母に読ませたい!!
ほんとに、モノが捨てられない人で、なんでもかんでも「もったいない!」ととっておく人・・・・
で、ためこむだけで、使わないから、みんな埃まみれだったり、どこに何があるのかも忘れていたり・・・
将来、きっと大変だろうなあと今から覚悟はしてますが。
こればっかりは本人がその気になってくれないとね、どうにもできないですものね。。。
そして、わたしも家族に負担をかけないよう、老前整理をしっかり心がけて
シンプルな暮らしをしていきたいです!!
奈緒 | 2012.12.01 11:24 | 編集
ORIERIOさん、こんにちは。

手にするとき以上に手放す時って、
色々な思いがでてくるから、ほんと考えすぎて疲れちゃいますね^^;

ORIERIOさんのおっしゃる、
「始末よく、この世を去りたい」
言葉がみつからず代弁してくださった・・。
死ぬ時は自分で全てを始末することはできず、
誰かのお世話になることになりますが、
せめてモノにあふれたものを、誰かに丸投げすることなく、
始末しやすいものを・・と思ってしまいます。
思い入れがありそうだな・・と思わせるものがたくさんあると、
それを委ねられた人は、大変だろうな・・と感じます。
なのでモノを手にする時こそ慎重に。。そういう思いもあります(^^)
ココリン | 2012.12.01 13:57 | 編集
いえいえ、私が同じようなことを書き続けているから^^;
どうしても、年を重ねるごとにそんなにあって
どうするの?的なことを思ってしまいます。
使うものもしれてくるし、それよりも使いたいと思うものだけで
生活できるし・・って。
でも、無理にさせることはできないですしね。
難しいですね、なによりも本人にその気がないと。
今、シンプルな暮らし方をされている奈緒さんなら、
家族に負担のないように・・は自然とできることだと思います(^^)
ココリン | 2012.12.01 14:58 | 編集
ORIERIOさんの

始末よく、この世を去りたい。

いい言葉だなーと思いました。


まだまだ若いつもりですが、確実に年を重ねています。
理想としてはスッキリと去るためにモノは少なく・・・と思いながらもあらゆる意味で欲とオサラバできない自分がいます。

モノの整理以前に自らの心の有り様から整理をしないといけないな、と思う日々です。
snowwhite | 2012.12.01 21:29 | 編集
snowwhiteさん、こんばんは。

本当にいい言葉だなと思います。

今日より若い日はないですから、
先延ばしにするよりも、心がけておく必要は
あるのだと思います。必ずしも長く生きられるとは
限らないですしね^^; 「今」を大事にしながら、
モノに惑わされし過ぎずってとこでしょうかね。

ココリン | 2012.12.01 21:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top