11.01
Thu
書くか、書かないかしばらくずっと悩んでいましたが、
ブログを書いていくうえで、ひっかかりが残るので、
敢えて書こうと思いました。
カテゴリにも全然関係ない話と、楽しい話でもないので、
興味のない方はここで閉じてくださるか、
読み進めて不快に思われた方は、
そのままスルーしてくださいますようお願いします。<(_ _)>

++++++

P1030594.jpg
(我が家の千日紅、スクスク育っています♪)

ブログを始めるにあたって悩んだことがあります。
それは夫の呼び方をどう書くか・・。
色々なブログを見て、皆それぞれなんだなーと思いました。

私の記事の中には登場することは必須でしたので、
私はどうしようか・・・。
実際の生活の中で、他人と話したりする時、
私自身、配偶者のことを「夫」または「主人」と言います。
これも子供さんがいれば「パパ」とか「お父さん」とかいうことも
あるかもしれませんね。
なのでブログでも、「夫」「主人」とするのが一般的なのかもしれません。
でも「夫」でもない、「オット」でもない、「otto」でもしっくりこない、
「夫様」「主人」「旦那」「旦那様」「旦那さん」「旦那はん」
「相方」「相棒」「つれあい」「君」またはニックネームか。
色々連ねてもなんとなくしっくりこない・・・で、
なんとなくうちの配偶者のことを書くにあたってしっくりきたのが、
「夫ちゃん」でした。

ただ自分の夫に「ちゃん」という敬称をつけるのも、
どうなんだろう?と思わなくもなかったのですが、
深く考えずにブログを始めてしまったということもありました。

一応私自身のブログの記事では「夫ちゃん」と記し、
コメントのお返事には「夫、もしくはオット」。
他のブロガーさんのところでコメントする時も「夫、もしくはオット」
「主人」と区別をつけてきました。

2年半ほど続けてきたブログです。
嬉しいコメント、ありがたいコメントが大半でしたが、
中には心ないコメントもありました。そんななかで、助けられたのも
皆さんのコメント、温かいコメントでした。
少し話が脱線してしまいました。話は元に戻ります。

しばらく前にコメントをいただきました。

「夫ちゃん」とちゃんづけしていることに対して、

気持ちが悪い・・(以下中略)
ブログは自分が書きたいことを書く場だといっても、
公表している以上は、多くの人が目にする機会があるわけで、
考えて表現等は気を使うべき。
それ以前に敬称を身内に使うのは非常識・・・。

そういった内容のコメントでした。

自分の夫のことを「ちゃんづけ」して不快に思われたのでしょう。
今までこの呼び方に対して、人様がどう感じるか思ったこともなかったので、
しばらく色々な思いがありました。

おそらく他の方も私のブログを読んで、「ちゃん」づけしているのを、
違和感を持たれた方もいらっしゃるかと思います。
使い方は変だと思っても、きっと読み流してくださっているのだと思います。

確かに、自分の身内に敬称をつけるのは使い方としては
間違っているかもしれません。
「ちゃん」であるからひっかかったのかもしれません。
「様」「さん」ならスルーされたかもしれません。

正直なところ、人様の目にふれるブログ、
敬称をつけない方が良いのだろうかと考えました。
「夫」「オット」「旦那」「ダンナ」「主人」etc...。
う~ん、やっぱりなんか違う。
なのでなるべく夫のことをふれないように・・と思うと、シンドイ。

色々と考えてみましたが、

私のブログ内のこと、正式には間違っているかもしれないけれど、
呼び方・・自由であっても良いんじゃないかと思っています。
だから今後も、今のところ「夫」「主人」でなく、
「夫ちゃん」と表記すると思います。

なので、読まれて気持ちが悪いと思われたなら、
どうか静かにブログを閉じてくださいますようお願いします。
コメント欄を開けている以上、ある程度予想はしていましたが、
名前もないコメントでしたのでそのままスルーしようと思いました。
けれどブログを続けていく上で、あらためて皆様に
お伝えしておこうと思い書くことにしました。
<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top