07.03
Wed

モノによりけりなのですが-

モノが壊れ修繕か買い替えかなやんだ時-

買い替え費用より、修繕費用の方が高くても、
愛着があって直せるものなら直して使いたいと思うものなら、
修繕するでしょう。まぁ、額にもよりますが。
購入額より修繕費用の方がはるかに高ければ、
どんなに気に入ったものでも二の足を踏む場合もあります。
また、元々の値段を思うと、それを修繕するだけの価値があるかどうかを
考えると思います。
使っていた年数とか加味されれば、
たとえ直ったとしても今後どれだけ耐久性があるかを考えると、
買い替えを選択する場合もあるでしょう。
昨今、修繕より新品の方が安いってこともあるのが悩ましいところ。

いえね、先日布団を粗大ごみに出したという話を書きましたが、
布団の打ち直しをするような布団ではないし、
布団の寿命を考えるととうに過ぎてるくらい使っていました。
高価な布団だったとしても、寿命が数年でくるようなので、
夫と手頃なもので買い替えをした方が、
衛生的に使えるしそっちの方がイイネってことで話がまとまりました。

暮らしのなかで使っているお道具たちも、
使用頻度、使用年数を考えると、
壊れたときの程度にもよりますが、
修繕して使うものがどれだけあるか。
十分減価償却できているならば、
買い替えることになるものがほとんど。
しっかりした造りの家具なら、
修繕しても使いたいと思うかもしれません。
が、わが家は家具らしい家具がないので、
いや、大した家具ではないのでガタがきたら、
買い替えになるな(笑)
処分の時に心が痛むかどうか、
心置きなく処分できればまっとうしたってことかな。

011l.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
back-to-top