06.14
Fri

テレビの特集でやっていた話し-

弟さんが亡くなって、
遺品整理をしなくちゃならなくなって、
最初は自分で片付けようとしたけれど、
年齢的にもしんどくて業者に依頼することに。
年金生活なので金銭面でも余裕がないと。
費用を少しでも安くあげるために、
整理業者さと一緒に整理をすることに。
(業者さんのアドバイス)
一人暮らしだったようですが、
モノの量はそれなりに。

IMG_20190614-1746.jpg


最期の時-
自分の所有しているモノなど、
誰しも少なからず、誰かに委ねなければなりません。
まして突然の死となると、
親族が部屋を見て、
あまりのモノの多さに愕然としたって話しもあります。

ゴミ屋敷でなくても、暮らしを営んでいると、
それなりにモノはあります。
年とってから、片付けていけばいいと思っていても、
自身の体力に限界を感じて、
思うようにいかなかったりする場合もあるでしょう。
なので、体力、気力があるうちに、
老前整理をすることは理にかなっていると思っています。

今の快適生活と、年をとったときの快適生活は違うということ。
視点を変えて片付けるのも良いと思います。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 4
back-to-top