07.18
Tue

日々使っている家電の調子が悪くなって修理依頼する-
気に入った洋服がほころんでお直しする-
愛用していた靴の底がすり減って修理してまた履く-
お気に入りの箸は、箸先の削り直しをしてまた使う-
縁の欠けた湯呑みを金継ぎ修理する-

そんなふうにして、お手入れしながら大事に使っていても-

IMG_20170718-3509.jpg

修理部品がなくなったり-
もうお直しできないくらいになったり-
木型を作っている人がいなくなったり-
削り直しでちょうどいい長さでなくなったり-
大事にしていたつもりでもうっかり割ってしまったり-

もう限界、と、なるときもあります。


大切に扱っていても壊れることもあります。

大事に箱に仕舞っていたら、
壊れることはほぼないけれど、
使っていると壊れることがあっても当然。
すごくお気に入りのものなら、悲しくなります。
でも、特別扱いしないで使っているなら、
未練も少ない・・はず。
また新しい出会いがあって、
お気に入りのものが循環するのだと思います。

+

業務用スポンジが家庭でも使えるように-
水だけで汚れを落とす。
しつこい油汚れはお湯と一緒に。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 4
back-to-top