07.14
Thu
                                  
             
IMG_20160714-4987.jpg
                                                                                      
親の習慣、好みが、良くも悪くも、
子供に受け継がれたりします。
ことさら親に教えてもらわなくとも、
親がしていることをずっと見ていて、
それに何の疑問も持つことなく
自分も同じスタイルでしていることって、
結構あると思います。
特におうちしごとは影響を受けやすいと思います。

私も例外ではなく-
最近は布団を干しても叩かない、が
一般的になっていますが、
子供の頃、親は布団を干してパンパン叩いていましたね。
なので私もずっと干したら叩くと持っていました。
また、キッチンであるべきものだと思っていた、
洗い桶や三角コーナー。
トイレであるのが普通だと思っていたマット、カバー。
浴室にあるものだと思っていた、
浴室の床に敷くマット(すのこ) 椅子だとか。
結婚当初、夫がなくても問題ない~と言っても、
必要なものだと豪語していたのも懐かしい(笑)
シンプルな暮らしを意識するようになって、
それまであるべきものだと思っていたものを
手放しても問題ないものがほとんど。
なんであんなにしがみついていたんだろう-
今から思えば不思議です。
人にとってはすごく必要なモノでも、
自分の暮らしにとっては不要だったり。
またその逆もあります。

子供の頃、自分の身近な人の影響を
少なからず受けて習慣化して、
ずっとあたりまえに思っていたことも、
何かのきっかけでそれまでのスタイルを          
変えることになったりします。
でもまた親の影響でおうちしごとも、
特別大変に思うことなく習慣化されて
身についたということもあります。
どちらにしても、なにかしら親からの影響が
あるってことですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む
関連記事

comment 10
back-to-top