11.04
Tue
少し前に、経済産業省がトイレットペーパーの備蓄をしましょう!と
備蓄の呼びかけをしているという報道がされていたことは、
ご存知の方も多いかと思います。詳しくはコチラ

トイレットペーパーの生産が、
静岡県に集中しているために東海地震が発生すれば、
被災地でなくても、供給不足の恐れがあるからとのことで、
各家庭で最低でも一ヶ月分程度の備蓄をという話。

確かに、過去の経験からでも、被災して1番困ったのは、
食料でも衣服でもなくトイレ問題でした。
トイレットペーパーだけでなく、
簡易トイレも必要ですね。

日用品のストックも、以前はなくなったら買えばいい、
と思っていました。けれど東日本大震災の時、
買い占め騒動があったりして、買いに行った時には、
時すでに遅しの我が家でした。
食料はともかく、トイレットペーパーはちょっとアセアセしました。
水が止まらなかったのでトイレは使えましたが、
ティッシュペーパーだとトイレに流せないから、
トイレットペーパーならティッシュの代用もできるから、
余分に持つならトイレットペーパーの方がいいかなと思いました。
12ロール 1袋あれば大丈夫かなーと思い、
プラス12ロールの備蓄となりました。

あと、備蓄ということでいえば、
ラップはお皿代わりになったので、
これは欠かすことはできません。
できるだけゴミを増やさず、、と思いますが、
ラップは防災袋に忍ばせています。

収納スペースにストック品で占められてしまうのも、
ストック品に家賃を払っているようなものだと
思っているので、余分に持たず・・の気持ちは変わらず。
いえ、我が家の収納スペースだと、
置けないというのが正しいのですが^^;
ふだんの暮らしが圧迫されないよう備蓄できれば、
いいのかなと思っています。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 6
back-to-top