05.02
Fri
ワタナベマキさんの毎日、こまめに、少しずつ。の著書で、

部屋を整理整頓させる秘訣は、
「ものの住所を決めるのが鉄則」と言われているが、
「もっと工夫はできないか?」「もっといい方法はないかな?」と考え、
置き場所は先入観で固定させないようにし、その時期、その環境で、
いちばん使いやすくて動きやすいよう常にアップデートしていく。
と書かれていています。

さらに、
食器棚の中は「大人入れ替え」をして、
細かな位置替えを頻繁にされているそうです。
ある時期に気に入って集中して使っていたものも、
最近手が伸びなくなったり、逆にしばらく使っていなかったけれど、
「また使ってみたいな」と思えるようになった器。
そういったものの場所を入れ替えることで、
棚の中の空気が変わり、使う気持ちも変わってくる。

「・・・・・一時期置いてみて使いにくかったら、
また入れ替える・・」

**

なるほど、なるほど。。と。

収納上手な方のブログを見ては、
グルーピングが下手な私は落ち込むことも多々。
場所的に置けない故、とりやすさで2ヶ所に
分けて収納したりしていることに
まとまりのなさに気持ちが萎えたりしていました。
収納場所もこうあるべき・・みたいな固定観念があったり、
また、見た目重要視するあまり、
動きにくくなっては、元も子もない・・。
なのでああでもない、こうでもないと、
パズルのように動かしている私にとって、
このを読んで、自分の工夫のたりなさを再確認したり、
ワタナベマキさんの言葉を借りるなら、
「いちばん使いやすくて動きやすいよう常にアップデートしていく」
ちょっとショーゲキ的な言葉でした。
自分仕様にカスタマイズして、
動きにムダのない動線を作っていきたいと
あらためて感じました。

器も飾っておくのでなく、ふだん使いの器も
お客様にもだせる器を吟味して、
分けへだてなく使うようにしているとのこと。
職業柄たくさんの食器を持たれているので、
我が家と比べるはおかしいのですが、私も、
使うのもったいないと仕舞いこむより、
気に入ったものを選んで使うことが
毎日どれだけ心が潤うか、これは不要なモノを
処分して選ぶようにしてから実感しました。

あと、びわこふきんを使われていたり、
他にも拭き掃除について書かれていることを読んで、
ちょっぴり嬉しくなったり^^;

色々読み応えのある内容で、
何度も読み返したいとなりました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 6
back-to-top