03.25
Fri
通常のブログを再開しています。

と昨日書いたところですが、あらためて私が感じ思うことを。
不快に感じられる方はどうぞこれよりは読み進めないように
お願いいたします。<(_ _)>

deni2.jpg

あのような大きな地震が起きて、津波による被害、広範囲にわたっての被害などを
ニュースで知り、また、その後、安否がわかった友からのメールで当時の状況を知って、
本当に胸がえぐられる思いでした。
私は、かつての被災経験から立場が違って見る側になって、少なからず両方の立場を
経験してみて思ったこと・・・。
そして、東日本大震災から2週間ですが、今まであまり報道されなかった被災地のことも、
ニュースで取り上げられたりするようになっています。

それでも、意外に知られていない、3月12日未明に起きた長野県の地震。
栄村で震度6強の地震のその後の被害状況は、テレビでもほとんど流れていません。
東日本大震災に隠れてしまったというか、地震が発生した旨は報道されても、
その被害の様子などは報道されていません(私の見聞きする限り)
村は大きな被害です。
私も栄村のHPで知りました。新潟県と長野県の県境の栄村の被害状況を書かれている方の
ブログのお写真を拝見して、(記事リンクはしておりませんが、検索するとわかります)
ショックと同時に、今後の支援が取り残されることがない事を・・と思います。
私も、つい目の前の新聞やテレビでのニュースばかりが目について、
あのとき一瞬の地震速報に驚いたきり・・・。
報道されないことってまだまだあるんです・・・・よね。

そしてやはり思うこと。
色々な価値観、考え方があり、同じことを経験しても受け止め方も様々です。
言葉に出すということがどれほど難しいか思いました。
うわべとして軽くとられかねない、うそっぱちとも思われかねない。
でも、自分の心の思いは黙っていても人にはなかなか伝わらない。
まして、対面でないなら尚更。色々な思いも人それぞれ。
被災していない者が被災されている方を憂うことはできたり、
少しでもわかろうとすることはできても、
とどのつまり、被災者でないと本当のところはわからないと思います。
これは今回のことだけでなく、色々な場面に於いて同じことが言えると思います。
どんなに頑張っても当事者でないとわからないこと。そこに近づく努力はできても、
決して当事者にはなれない・・。
それでも、多くの人が自分にできること、それが直接的に繋がるものでなくても、
何かしたいと思う気持ちを持っていると思います。
被災された方々に、言葉のようなカタチのないモノでも、
何かしら伝わると思うのですが・・・どうでしょう・・か。

今 私は、地震以降、手に入らなくなったお米やお水やその他諸々ありますが、
ほぼ今までどうりと変わらない暮らしができていること、
『普通の暮らし』がどれほどありがたいことか・・・。
前にもそう思ったはずなんだけれど、やっぱり時間の経過とともに忘れていました。
今ある普通の暮らしが当たり前ではないことを心にとめて、
これからも日々の暮らしを大事にしていきたいと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

back-to-top