02.25
Thu
トイレの便器の縁裏のところって、ブラシでは掃除しにくいです。
便器の中は、汚れがあれば一目瞭然。
掃除をしたら、汚れがとれたことはすぐ実感します。

が、縁裏は見えないので見落としがちにもなりやすいです。
毎日拭いているから(磨くのではなく)大丈夫と思っていても
いつしかそれなりに水垢やカビなど汚れは付着しているものです。えっ、我が家だけだったりして!?
掃除をするたびにヒドイ汚れがとれるってことではないですよ~(笑)

    DSCF0406.jpg


でも一度、縁裏の大掃除も良いものですよ~。

ヘッドが付け替えられる洗剤つきブラシも、縁裏には届きます。
でも、限界があるのです。縁裏には入りますが、
本当にきれいになったんだろうかって疑問に思ったこともあって、、
以前の日記にも書いたように、直で(薄手のゴム手袋は使用しますが)
掃除をするようになってから、縁裏にスポンジをさしこんで、キュッキュと磨くと
つるっとした感触がわかるのです。
水を流すとわかるのですが、水の流れも変わってくるというのか。

水の溜まっているところも、手を差し込んで届くところまで洗います。
こちらの方は、縁裏と違って簡単ですが。
奥はこんなになっているんだって驚きもあったりして!!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2 trackback 0
back-to-top