01.06
Sun

毎年、早めに年賀状を準備しないので、
遅れがちになる我が家。
届いてから出したりということもあったり。( ̄∇ ̄;)
今年は元日に間に合うかどうか微妙な時期に
ポストに投函したのでどうだったのか(笑)

昨今、メールやSNSの普及で、
年賀状のスタイルも変わってきましたね。
それに加えて年賀状の卒業とやら。

我が家も年賀状については悩むところがあります。
これまでも自然にフェードアウトする場合もありました。
年に1度、年賀状だけのやりとりだけが良いのか悪いのか。
自分がそう思っているせいか、相手もそう思っているんじゃないかとか。
今年は、親戚からの年賀状を見て感じたのですが、
年賀状を出すも、相手は年賀状の卒業を考えていて、
ひょっとしたら迷惑なんじゃないかとか。
毎年元日に届いていた年賀状が、
今年は添え書きひとつない印刷された賀状を
見てふと感じたことです。
来年の年賀状悩みます。

終活年賀状なるものが広がってきています。
賛否両論ありますが、高齢化になったからだけでなく、
義理で年賀状を書いていて面倒になったとか、
人間関係を整理したいという思いがあったり。
ただ今まで年賀状のやりとりして突然ぷつりと出さなくなるのも、
失礼な気もするし心配もさせたくないという思いから、
来年からはやりとりを辞退しますと宣言する終活年賀状
これも受け手側がどうとるかも微妙だったり。

コミニュケーション手段が多様化してきて、
年賀状のありかたも変わってきたのも確か。

近未来は年賀状がなくなっていたりして^^;

line23.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 6
11.21
Fri

IMG_20141120-8761.jpg
サルビア・レウカンサ  花言葉:家族愛

今年もあと僅か。
ちらほら喪中のはがきが届いています。
そういう我が家も・・ですが。

毎年、年賀状を出す季節になると、
何年も会っていないし、年賀状だけのおつきあいだし・・、
年賀状もどうしたものか・・と考えることが増えました。
昨年は、父が亡くなり喪中だったので、
考える猶予ができ今年は・・と思ったら、
義祖母が亡くなり年賀状についてどうするか・・は、
先送りとなりました。

実家を見ても、親が年を重ねるごとに注文する年賀状の枚数が
少しずつ少なくなっていったような気がします。
だんだん負担になっていく・・というのも本音だったと思われます。
会わないから、会えないから、年賀状だけでも・・・。
今後、会うこともなさそう、おつきあいも賀状のみだろう・・から、
そろそろ年賀状だけのお付き合いは終わりにしよう・・。
プライベートだけでなく、仕事がらみがあったり、
そこに家族が関わってきたりして、スパっとやめることができなかったり。
人との繋がり大切にしたいと思う気持ちと、
年賀状だけのお付き合いがちょっと虚しく思えたり、
フクザツな思いが絡み合います。

人とモノを一緒に考えるのはちょっと違う気がしますが、
おつきあいもシンプルでいいかな。
知り合いがたくさんいることで安心・・より、
僅かでもちゃんと今の自分と向き合ってくれる人が
いればいいかなと思ふ自分がいます。

無理することなく、自然な気持ちで、
1年お世話になった気持ちを伝えたい人に伝えたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 10
back-to-top