07.11
Wed

古民家に行くのが好きです。

周囲の雑踏から隔離された感じもします。

IMG_20180711-001-8280.jpg



暑い夏でも、あの冷ややかな床が気持ちいい。

IMG_20180711-002-8281.jpg

見学できる古民家だから、
当然ながら生活感がありません。

暮らしが営まれていたら-
茶箪笥があったり、湯呑があったり。
箒や座布団も置かれていたり。
それなりに暮らし臭というのもでるでしょう。

けれど-

暮らしになくてはならないモノはあっても、
おそらくモノに溢れているとは想像つきにくく。

古民家の板の間を見えると、
雑巾がけがしやすそうなどと思っちゃいます。

家電製品が鎮座している我が家-
これくらい何もないと、
掃除もいっそうしやすいかも、と思う傍ら、
古民家に来ると、これ以上はモノは増やさないように、
こざっぱりした暮らしを意識します。
ある意味、いい戒めです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
02.26
Thu

今でこそ、古い家屋-

古民家として、注目を浴びているけれど、
不便なところもあっただろうと思います。
案外、その良さは、住んでいるその時ではなく、
後になってわかったり、懐かしさがこみ上げたり。
またその経験がないからこそ、
新鮮に映っているのではないだろうか。

+

薄明かりの電灯、襖で仕切られた
だだぴろい続き間の部屋は、広々しているけれど、
昔はさぞかし寒かっただろうな、と思ったり。

IMG_20150226-000-3689.jpg


+


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む
関連記事

comment 14
back-to-top