02.11
Sun

昨年末、掃除するつもりでいた洗濯槽の掃除。
それまでもする機会があったのですが、
(´∀`*)オキシクリーンを使いたかったのでようやく。

その昔、モニターで当選した、
洗濯槽専用の洗剤を使用しましたが、
成分のことなんて考えたこともありませんでした。
が、主成分は過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
アルカリ剤(炭酸塩)(炭酸ナトリウム)、界面活性剤。
ちなみにオキシクリーン(アメリカ版)と一緒です。

それで掃除をした時は、本当にびっくり仰天しました。
ピロピロワカメ~が大量に!ほんとごっそりとでましたね。
先日の五徳の掃除と同じくらい、感動しました!

その後ずっと、酸素系漂白剤(粉)で掃除するようになりました。
なので、オキシクリーンを使うということは、
今までとほぼおなじ成分なので、特別なことはありませんが、
最近、オキシで掃除するのが楽しくってねぇ(笑)
大容量ですが、あれこれ使っているので、
結構減りも早くなりそうで。

mono33.gif

洗濯槽掃除では、スプーン(アメリカ版)4杯
(一杯、4オンスの線までいれると役113g)
心持ち多めに盛っていますが^^;
相変わらず、お湯をバケツリレーしながら、
洗濯槽にお湯をはり6時間。

IMG_20180211-5697.jpg


洗濯槽に穴がない洗濯機に買い替えてから、
洗濯槽内で、ピロピロワカメは見えませんが、
洗濯槽の裏側まで掃除すると、
排水するとピロピロワカメが流れてくるのが、
気持ちいいんですけれど。

ただ-
今まで、排水の時、ホースからバケツに受けた時、
(最初はホースからバケツに汚水を受けなければならないので)
汚れが多少たりともありましたが、
今回は肉眼では認識できないくらい、
その存在は見当たらず。
あれ?なんでだろ、、ってちょっと肩透かしをくらったような。
お洗濯時にも、洗剤と一緒に
オキシクリーンを使っているからなんだろうか?
とにかくこんなこと初めてです。

洗濯槽の掃除をしている間は、
洗濯機が勝手にやってくれるから、
排水するまでは何も手がかかりません。
なのに、この掃除の時はやっぱり気合がいりますねぇ。

でも楽しく掃除ができることはストレスフリーです。
嫌々やると、しんどさだけが募ります。
なので、気分が乗らないときにはしない、
これに限ります(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
back-to-top