05.15
Sat
洋服の収納で、すっきりさせるために必要なのは、
1枚買ったら1枚捨てる。これにつきますよね。
要するに、洋服をためない!ことです。

でも、コーディネイトを考えて追加として買った洋服は
その理屈にあわなくなります。
ん?その時点で考えが間違っている?
すっきり収納の達人さんなら、まずそんなムダな買い方はしませんって?

確かにためこまないのが大前提なのですが、
独身時代、結婚後もまだ衣食住でを重きにおいていたところもあり、
「お洋服」が好きだった私は、同じデザインで色違えは当たり前、
似たようなデザインは持っているにも拘わらず、
素材は違うと買ったりしていたので、捨てることを上回って、
たまる一方で、袖を通さない洋服まで出る始末でした。
前回の日記にも記載→コチラ

収納スペースがあれば、着ない洋服を置いておけるかもしれません。
おそらく、私が広いスペースを手にしたところで、
また、モノが増えてそれもいっぱいになるかもしれません。

つついっぱいの生活になってしまうというのでしょうか、
例えば、1000円のレベルで生活をしていて、
700円の生活レベルになったときに、
300円不足分は節約したりしてなんとかやりくりしたとしましょう。
それがまた、1000円に戻ったときに700円の生活をすれば、
300円の貯金ができますが、1000円に戻ったときついつい、
300円の余裕があると思ってしまい、結局1000円の生活レベルになってしまう。
結局、あればあるだけの生活をしてしまいがちなので
(勿論節約に徹しているしっかり者の方は違う人もいると思いますが)

そこを肝に銘じて、モノを増やさないようにしていかなくてはなりません。

破れたり、サイズが変わったりしたものはまだ処分しやすいけれど、
そうではないもの、まだ、十分に着られそうなものはつい、判断が鈍ってしまいがち。
捨てる、人にあげる、オークションに出す、古着さんに売る、ウエスに再利用。
色々ありますが、そこにいきつくまでの腰が重いことこのうえない。

私自身の洋服の処分もさながら、夫ちゃんは、真冬でも半袖Tシャツが欠かせない人なので、
季節に関係ない収納をしているのと一目みてわかりやすいように
重ねてではなく、たたんで縦に収納しています。

DSCF1595.jpg

新しいTシャツが増えれば、この中から1枚減らして、
家で着たり、パジャマ代わりに着たりするTシャツの収納ケースに移動しています。

これまた、家で着るものとはいえ、
私から見たら捨てればいいのにと思うものがありますが、
本人の思い入れのTシャツもあり、なかには何十年選手もあるのですが、( ̄Д ̄;;
そこは、夫婦といえども勝手に捨てることはできません。
なので、キャパを越えたら捨てましょ。

収納ケースいっぱい詰め込まれた洋服は取り出しにくいです。
1枚取るときに、他のがくっついてそれを元に直す動作も必要になります。
すこし余裕があればそんなことはする必要はありません。
スペースを貯金とするくらいのゆとりも収納にも暮らしにも
必要なのかもしれません。


さてさて、夫ちゃんのではなく、自分のモノも
キャパを越えたら捨てる、越えないように暮らしたいと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。


関連記事

comment 10 trackback 0
back-to-top